So-net無料ブログ作成

09年一発目のオリジナル曲は「加湿 N’ 除湿」 [オリジナル曲]

あけましておめでとうございます。今年もよろしくお願い致します。
さて今年の一曲目は「湿度」がテーマです。ご存知の通り、日本は湿度の増減が非常に激しいです。僕が去年買ったデジタル湿度計によると、夏で70%、冬だと乾燥してる日は20%と相当上下します。もちろんギター族にとって(人間にとっても)あまりよくない訳で、どうしても夏はエアコンで除湿、冬は加湿器で加湿ということをしてしまいます(風邪対策もある)。そもそもエアコンや加湿器がなかった時代は木造住宅が多かったわけで、家がまるでギターのネックのように水分を調整してくれたのだと思います。と、そんな思いを曲にしてみたというわけです。
それでは歌詞です。

快適な生活環境 適切な湿度が必要
日本には四季がある 湿度が上下する
空気が乾けば 風邪を引きやすい
空気が湿れば 眠りにくい

(コーラス)
夏は除湿で 冬加湿 電気ばっかり消費する
夏は除湿で 冬加湿 エコとかいうのはウソつきだ

現代の人は コンクリートに住む
エアコン加湿器 どちらも必要

さて今回の録音ですが、NEW機材をいくつか投入しております。まずイントロですがAdrenalinnというエフェクター、アンプモデリング、ドラムマシンの機能をもった機材を使用。テンポシンクしたギターエフェクトサウンドになっております。さらにこのイントロ部分を再度ミキサーに送りKORG KAOSS PADでローパスフィルターを手で動かして低音カットを動かしたりしてます。そしてベースにはLine6のLowdown110というアンプを使用。さらにアンプの直前にSansAmp BassDriver Programmableを接続し、ラインの信号をSansampからミキサーに送り、ベースアンプの音を右の写真のようにSM57で拾い両方とも録音しております。そしてギターのカッティングの奇麗な音は先日中古で買ったYamahaのちびアンプ、G10Lで出しております。こいつはなかなか侮れないヤツで、小さいくせにFシリーズっぽい素直な音が出ますし、スプリングリバーブも内蔵しております。ストラトらしい奇麗な音になりました。これもSM57で収録。そしてギターソロの前はKORGのKAOSSILATORで怪しいサウンドを奏でております。

使用機材を列挙するとこんな感じです。
<使用機材>
MacBook Pro/Logic Pro メインPCと音楽ソフト
M-AUDIO Firewire 410 オーディオインターフェースです
Mackie CR1604VLZ アナログミキサーです
SHURE SM58 ヴォーカル
SHURE SM57 楽器のアンプはこれで収録
dbx 166 ミキサーを通すものは大概このコンプを通ります
M-AUDIO KEYRIG49 USB鍵盤です
Fender USA Strat Plus バッキングのギターです
YAMAHA G10L バッキングのギターアンプ
偽KRAMER 5150 ギターソロで使用(先日トレモロを交換)
LINE6 POD XT ギターソロで使用
Fender MEX Strat イントロのギター
Roger Linn Adrenalinn2 イントロのギターのエフェクターです
KORG KAOSSPAD イントロのギターとドラムを加工
KORG KAOSSILATOR ソロで使用
Fender JAZZBASS 1978 中古で5000円で買ったEMGを搭載
TECH21 SansAmp BassDriver DI Programmable ベースの歪みはこれで作ってます
LINE6 Lowdown110 ベースのアンプです

という具合です。ぜひ聴いてみてください。

2009/1/12に投稿
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。