So-net無料ブログ作成

BADASSブリッジをゴールドから銀色に再メッキ [音楽機材]

1978年FENDER USAプレシジョンベースのブリッジを交換した。選んだのはやはり定番中の定番であるBADASS 2。フェンダー系統のベース・リプレイスメント・ブリッジにはやっぱりバダス(BADASS)がいいと思う。特にBADASS 2はネジ穴の数も深さもそのまんまで楽に交換ができる。今、現在、メインの1978年ジャズベースにもBADASS 2を付けてある。BADASSをつけると、音の伸びがよくなって、弦が綺麗に振動するように感じる。

僕とBADASSの付き合いは高1の頃にさかのぼる。初めて買ったベース(Riverhead RJB-1300PJというスペクター似のベース)に搭載されていたのがBADASSの1。そのベースには後日ケーラーのトレモロを設置したので、余ったBADASSを別のジャズベもどきに自分で彫刻刀を使って設置したのを覚えてる。

で、先日、78年プレベのブリッジを交換しようと思いたち、ネットで程度のいいBADASSの中古を見るも、オークションだとすぐに入札されるし、新品も結構高い。eBayももちろんチェックするも、手ごろなのがなかったり、送料も考えると高くなったりしてなかなかいい条件のものがない。そもそも生産量が少ないのか、中古の動きが非常に速い。と、そういえば金のBADASS 2をもっていることを思い出す。これを銀色に出来ないだろうかと思い、ネットで調べた練馬のメッキ屋さんに問合せ。メッキ屋さんからの返答は「メッキの色を金色から銀色に変更は可能。費用は4000円くらい。」とのこと。中古のBADASSより全然リーズナブル!!ってことで、メッキ屋さんに分解したBADASS 2を送付!!
IMG_3484s.jpg
待つこと3週間! ピカピカに銀色にメッキされたBADASS 2が返ってきました!正式にはロジウムメッキというらしい。
IMG_3595s.jpg
さっそくプレべに取り付け。バチっと綺麗に設置完了。
IMG_3598s.jpg
プレべの馬力のあるサウンドがサスティンするようになり、まさに狙った通りに改造完了!

BADASS BASSⅡ Chrome

BADASS BASSⅡ Chrome

  • 出版社/メーカー: BADASS
  • メディア:



nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

Facebook コメント

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。