So-net無料ブログ作成
検索選択

PLEK ベース解析マシンを体験! [音楽機材]

image-20120226084142.png
前々から噂に聞いていたベース解析マシンこと「PLEK」のあるスリークエリートにいってきた。PLEKというのは冷蔵庫のような機械の名前。この機械は中に入れた弦楽器のネック状態、フレット状態をスキャンし、バズるポイントなどがPCの画面に表示されるスゴいマシン。そういう情報をもとに、必要ならフレットも削る(1/1000ミリですり合わせ可能)ことが出来る。要はPLEKで測定し、ロッド、弦高などの調整を(広瀬さんに)してもらい、再度PLEK、必要ならすり合わせというような工程。その過程が画面上の数値とグラフィックで確認出来る。またオンラインで繋がっており世界中のメーカーやリペアマンの理想的なセッティングに近づけることもできる。ギブソンやマーチンなど大手メーカーをはじめどんどん普及しているらしい。
今回は自分のベース、4本を持ち込んだ。その4本とは、

1.Warwick Thumb Bass NT
2.Spector SSD NS-2
3.Fender CustomShop Custom Classic 5st
4.HeartField DR-5C

それぞれの状態は

1.Warwick Thumb Bass NT
2012年の2月に手に入れたばかりのサムベース。自分なりに調整したがバズとの兼ね合いであまり弦高を下げることが出来ない。ここをみてもらいたかった。

2.Spector SSD NS-2
これも自分なりに調整できているつもりだったが2弦11フレットのバズは取れない。これも一回、ちゃんとした状態にしたかった。

3.Fender CustomShop Custom Classic 5st
しばらく弾かないでいたら、全体的にビビり気味。これもいい楽器なので一回ちゃんとみて貰いたかった。

4.HeartField DR-5C
こいつは長年放っておいたらハイフレットが浮いてる?高音域がかなりバズる状態に。なので調整して欲しかった。

で、それぞれをPLEKでスキャンしてもらったところ、

1.Warwick Thumb Bass NT
フレットは前のユーザーがすり合わせを行った形跡あり。でもあまりうまくやってないとのこと。ネックは良好。少し低音側が起きて、高音側が下がるという症状がでてるがひどくはない。なのでロッド調整→弦高調整→フレットすり合わせ。結果、かなり弦高が下がり楽にゴリゴリサウンドが出せるようになった!

2.Spector SSD NS-2
こいつはなんとフレットが浮いていた。しかも何箇所も。なのでロッド調整→弦高調整の後、一旦叩いてもらってスキャン、叩いて、少し接着剤を入れて再度スキャン、その後フレットすり合わせして再度スキャン、そして最終のすり合わせと、一番時間がかかった。が、やった甲斐あって非常に弾きやすくなった。ワンランク上の楽器になったよう!

3.Fender CustomShop Custom Classic 5st
これはスキャンして画面でみせてもらったところ、ネックの状態は悪くない。ロッドもきっちり効いてると。Fenderの楽器としてはあるべき姿だと。しかもフレットの高さも問題がないとのことで、ロッド調整→弦高調整のみ。これで抜群に良くなった。
※こりゃ自分の努力不足!でもネックの状態がいいと教えてもらえていい気分。

4.HeartField DR-5C
こいつは結果から言うとエリクサーの張力が強すぎて、ロッドも頑張っていたが、張力のせいで順反りになっていた。なので弦を外した状態をスキャンして読みが合っていることを確認した後、スリークエリートにあったケンスミスの弦(040,060,080,010,120)に変えてもらい、ロッド調整、弦高調整してもらってその後フレットすり合わせ。これは驚くほど良くなった!!低音がゴリンゴリン出るすごい弾きやすいベースに変貌。

image-20120226084233.png

<気づいた、驚いた点>
PLEKのいい所は全てが数値や画面で出るので適当や勘ではなく、いい状態を追い込める点。自分の楽器の状態を客観的に見れる。

驚くべき概念はネックはストレートがいいのではなく弦の振幅を考えるのなら順反りの方が均等に弦高を落とせるという概念。なんとフェンダーカスタムショップの高名なリペアマンもそうやって調整しているとのこと。

また、エリクサーのユーザーはまず、順反りの個体が多いとのこと。ネックにけっこう負担のようだ。エリクサーはやめようかな。スタインバーガーはまずやめよう。

試し弾きはTECAMPというメーカーのヘッドアンプとSCHROEDERというメーカーのキャビネットでやったんだけれども、、、音がいい!やっぱいいアンプ、キャビネットが重要と感じた次第。

自分の楽器のポテンシャルがちゃんと発揮されるという点でPLEKは素晴らしいです。
またやります。今度はUSAのジャズべかな。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。