So-net無料ブログ作成

激安ベースアンプ [音楽機材]

先日、PLEKを行ったことは前回書いたが、その際に使わせてもらったベースアンプシステムが異常によかった。ヘッドがTECAMP。で、キャビネットがSCHRODER。この組み合わせでローBのゴリゴリからスラップのハイエンドまで実にキレイに再生していた。

で、家に帰って自分のベースアンプ(Line6のLowdown110)で弾いてみたところ、、、ハイは出てないし、音が薄い。ヘッドフォンでラインの音を聞いてみると、実にいい音をしている。これはアンプを変えなきゃいけないな、と思ったところからがスタート。

まず、TECAMPとSCHRODERを調べてみると、どっちも約10万。なので、そのまま買うと、合計20万。これは高すぎ。で、ヤフオクや、デジマートを見てみると、どうやら、ツイーター付のキャビネットは3万くらいからある。で、ヘッドアンプも、比較的近年のもので、小型のものなど、これも3万くらいからある。要は6万くらいあれば、ヘッドとアンプで、いっぱしのシステムが組めると、、、

が、僕の場合はこれで「はい6万」というタイプではない。まずはヤフオクをくまなくチェックし、SWRのWORKINGMAN10というアンプを発見。これを買う決意をする。これは10インチ一発にツイーターで、コンパクトだけど、ハイファイで音がよさげ。ネットでの評判もすこぶるいい。

image-20120303221315.png

で、ここからが真骨頂。SWRに目をつけつつも、今度はハードオフ登場。髪の毛を切りに行った帰りに立ち寄ったハードオフで、運命的に、Peaveyのベースキャビネット210XTを発見。なんと5000円。これは10インチ2発にツイーターのベースキャビ。もちろんお買い上げ。その後、ヤフオクでBOSEのパワーアンプを2200円で落札。合計7200円で、ハイファイベースアンプの完成。あとはお好みのプリアンプをつなげればいいだけ。手持ちであいそうなものは、Line6 BASS POD、Behringer MIC200、KORG AMPWORKS BASSとかかな? で、BehringerのTUBEプリ、MIC200→BOSE1702→PEAVEY210XT(合計10,180円)で音だしをしてみたが、チョーHiFi。まさにラインで聞いてる、ヘッドフォンで聞いているベースの音がそのままスピーカーからアウトされるような凄さ。低音のボリュームもLOW-Bまでたっぷり。これで1万円ちょいっていうのが凄い!

image-20120303221329.png

※実は先日、某ハードオフで、ネメシスの210(コンボアンプで、10インチ2発にツイーター)が1万で売っていたのだが、それを惜しくもスルーするという愚行を犯してしまった。どうやらそこから、ベースアンプにスイッチがはいったようだ。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。