So-net無料ブログ作成
検索選択

Ibanez RG550 一時組上げ完了!! [音楽機材]

先日ジャンクで5980円という破格値で購入した1987年製のRG550。これをいったんバラして組上げました。

image-20120628073612.png

バラしはネックとボディを外し、ペグもトレモロもはずしてトレモロはバラバラに解体して水洗い→乾燥。ネックはペグを交換。

image-20120628073703.png

電気系統は近いうちに全部やり直そうと思っているので、買った時のままの謎の配線(音は出る)を残し、あとはシール剥がし。ジッポーオイルを使って丁寧にこびりついたシール跡をクリーンにして、最後は全体的にヤニとり。

image-20120628073722.png

ヤニ取りに使ったのは3Mのシャープシューター。これをシュワーっと吹きかけると浮き上がるヤニの匂い。そこを乾いたジャンク布で拭くとピカピカ!!!

image-20120628073736.png

弦を一時的にアーニーボールのピンクを張ってトレモロ、弦高調整。なかなかいいっす!!!ネックが薄くて弾きやす~い!!!

3M スコッチ・ブライト シャープシューター

3M スコッチ・ブライト シャープシューター

  • 出版社/メーカー: スリーエム(3M)
  • メディア: Tools & Hardware



Ibanez RG550 5980円でゲット! [音楽機材]

昨今の楽器業界は明らかに80年代ブームが再燃しているとおもいます。たとえばKRAMER社(現在はGibson傘下)がタイガーストライプのギターを作ったり、Charvel社(現在はFender傘下)がスーパーストラト(ストラトをベースにPUやトレモロを改造したカスタムギター。80年代に流行った)を出したり。シンセの世界でもFM音源が熱く語られたり。僕自身も楽器を始めたのがまさに80年代後半だったので影響を強く受けてます。

そんな中、何気なく立ち寄った中古屋でIbanezのRG550、しかも1987年という生産初年度のモデル(Made In Japan フジゲン製)をジャンクでゲット!しかも5980円!これは嬉しい!このRG550というモデルはその後何度も復刻されたほどの人気機種なんです。さあて、ゆっくりレストアして行こうかな。バラし、磨き上げ、パーツ揃え、組込み、調整と楽しそ~!ヘンなシールも剥がします。ちなみにシール剥がしはZippoオイルが最適です。
image-20120609095030.png


Flex-Able

Flex-Able

  • アーティスト:
  • 出版社/メーカー: Imports
  • 発売日: 2010/12/07
  • メディア: CD



この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。