So-net無料ブログ作成
検索選択

ジープ・ラングラーからBMW3シリーズへ [車]

先日車を入れ替えた。2007年から7年乗った黄色のジープ・ラングラーに別れを告げ、新たに紺のBMW 320iという車を購入した。ジープは購入後、RINEIという都内の4駆専門店リフトアップと大径タイヤ装着を行っており、かなりアメリカンなルックスに大変満足して乗っていた。車高が高く運転もし易かったのだが、、、、以下のような問題があった or 発生するようになっていた、、、
IMG_3002.jpg
•寒くなるとエンジンがかからないことがあった
•ブレーキが甘い(大径タイヤのせい)
•構造上仕方ないのだが、荷物が乗らない。コストコにいくと毎回大変な思いをした、、、
•これまた構造上仕方のないことだが3速ATでスピードがあまり出ない。
•幌なので仕方ないが運転中の音(風切音、エンジン音)が大きく、会話しづらい。ちなみに外の音は筒抜けで、ガソリンスタンドで給油してもらってる時に給油口あたりで話しているスタンドの人の会話は全部聴こえた。
•窓ガラスがなぜか曇る
•夏になるとナビの画面がおかしくなる
•夏は車内が相当暑くなる
→エアコンは効くのだが車の下から熱気がガンガン、車の上からは太陽熱を浴びた幌から熱気がガンガン。さらには幌の隙間から外気が、、、
•9万キロを超え、10万キロもちかくなってきた。
•維持費が高い!自動車税が年間6万6千円、燃費はリッター5km、、、持ってるだけでコストが、、、

というような症状など諸問題を改善したく車入れ替えを決意。当初、2015年にモデルチェンジとなる新型マスタングを狙っていた。マスタングは何せ唯一無二の存在感を誇るアメ車の中のアメ車。さらに次期モデルではフォードは世界的な普及を目指してマスタング初の右ハンドル車両も製造するという。これか!?と思い込んでいたのだが、冷静にネットなどをチェックすると全長4860と書いてある。ちなみにウチの車庫は奥行き4800。入らない。で、マスタングは断念。
何の車にしようかと思っていたところ、奥様からBMWがいいのではないか?との提案。本人が昔、ドイツに旅行した際に訪れたミュンヘンのBMWミュージアムやアウトバーンを走った感じでいい印象があるとのこと。確かにBMWは世界のセダンのベンチマークともいわれ、真似をする側ではなく、される側。つまりオリジナル。よし、いいかと。

BMWに決めてからは早い。穴があくほどGoo Worldやカーセンサーのサイトを眺めまくり、BMW正規ディーラーの認定中古車に目を付ける。車両135万円とリーズナブルで、紺色のサンルーフ付きでなかなかエレガント。さっそく見に行き、見積もりをもらいしばし思案。前後してジープの査定を複数社にて実施。ジープの最高値が出たところで、BMWの購入も決断。車を見に行ったのが5/31。BMWの納車が6/16という早業。
IMG_3155.jpg
ジープ・ラングラーからBMW3シリーズに買い替えるというショックは凄いものがあった。まるで元禄時代から現代へきたような(?)感じ。とにかく車高が低い。エアコンが効く(オート!)。ブレーキもよく効く。スピードもでる。リフトアップしたジープにくらべ、路面に吸い付くようなクイックな走り。ワイパーはセンサーで自動的に動くし、ヘッドライトも明るい。なによりもとにかく静か。いいことずくめ。ちょいと悲しいのは個性がちょいと薄い(黄色いジープに比べて)かということ。

今回はBMW初心者ということで認定中古車を購入。実に安心できた。事前に100項目のチェックもしてくれたし、いろいろ融通してくれる。記録簿もバッチリ残っており、どこから来て、どこでメンテを受けてきた車両なのかが全部分かる。これもポイント高いかと。

BMW (ワールド・カー・ガイド・DX-世界自動車図鑑- (2))

BMW (ワールド・カー・ガイド・DX-世界自動車図鑑- (2))

  • 作者:
  • 出版社/メーカー: ネコ・パブリッシング
  • 発売日: 2006/04/01
  • メディア: 単行本



nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:自動車

フロントウィンドウに飛び石 [車]

先週の月曜(祝日)、愛車ジープラングラーで京葉道(高速)を気持ちよく走っていたら突然「ビシッ」というかなり大きな音。前の車から飛び石を受けてしまい、フロントガラスに傷が、、、  前の車の時にも飛び石で傷を受けたことがあるけれども今回のは無視できないくらいの傷になってしまっている。途方にくれてすぐにクライスラーに電話したところなんと先方曰く「ガラス交換は19万円かかります」。で、よくよく自分の保険を確認してみたら車両保険に入っていなかった。ま、今まで無事故だったからよかったのものの今後のことを考えると入っておこうと気がついたのはいいものの、今から入っても、今回の件にかんしては適応出来ない(by 損保ジャパン)と。で、自腹で19万もイヤだし、このままだと車検も通らない。なんかいい方法はないかなと思ってネットをチェックしていたら「ウィンドウリペア」というサービスを発見。これは飛び石などによる傷をかなりきれいに直してくれるサービスで、江戸川区にも「ウインドシールドリペア ホリエ」という業者(個人)を発見。飛び石を受けた他の人のブログでも「ホリエ」さんをかなり高く評価していたし、タクシーの窓もリペアしているとのことだったので、さっそく電話してみたところ、さすが地元、その日のうちに駆けつけてくれた。で、雑談しつつ2時間ほどで終了。
その1 かなり目立たなくなった
その2 お値段リーズナブル国産車料金でやってくれた!)
その3 車検もOK(タクシーを何台もリペアしてきて今まで車検不通過は1台もナシとのこと)
その4 強度も問題ナシとのこと
結果は上々です。アフターケアも気にされていてレジンが収縮したらまた盛るので、2ヶ月くらいしたらまた連絡くれとのことでした。皆さんも飛び石にあったら、「ホリエ」さんはオススメです。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。