So-net無料ブログ作成
検索選択

激安ベースアンプ [音楽機材]

先日、PLEKを行ったことは前回書いたが、その際に使わせてもらったベースアンプシステムが異常によかった。ヘッドがTECAMP。で、キャビネットがSCHRODER。この組み合わせでローBのゴリゴリからスラップのハイエンドまで実にキレイに再生していた。

で、家に帰って自分のベースアンプ(Line6のLowdown110)で弾いてみたところ、、、ハイは出てないし、音が薄い。ヘッドフォンでラインの音を聞いてみると、実にいい音をしている。これはアンプを変えなきゃいけないな、と思ったところからがスタート。

まず、TECAMPとSCHRODERを調べてみると、どっちも約10万。なので、そのまま買うと、合計20万。これは高すぎ。で、ヤフオクや、デジマートを見てみると、どうやら、ツイーター付のキャビネットは3万くらいからある。で、ヘッドアンプも、比較的近年のもので、小型のものなど、これも3万くらいからある。要は6万くらいあれば、ヘッドとアンプで、いっぱしのシステムが組めると、、、

が、僕の場合はこれで「はい6万」というタイプではない。まずはヤフオクをくまなくチェックし、SWRのWORKINGMAN10というアンプを発見。これを買う決意をする。これは10インチ一発にツイーターで、コンパクトだけど、ハイファイで音がよさげ。ネットでの評判もすこぶるいい。

image-20120303221315.png

で、ここからが真骨頂。SWRに目をつけつつも、今度はハードオフ登場。髪の毛を切りに行った帰りに立ち寄ったハードオフで、運命的に、Peaveyのベースキャビネット210XTを発見。なんと5000円。これは10インチ2発にツイーターのベースキャビ。もちろんお買い上げ。その後、ヤフオクでBOSEのパワーアンプを2200円で落札。合計7200円で、ハイファイベースアンプの完成。あとはお好みのプリアンプをつなげればいいだけ。手持ちであいそうなものは、Line6 BASS POD、Behringer MIC200、KORG AMPWORKS BASSとかかな? で、BehringerのTUBEプリ、MIC200→BOSE1702→PEAVEY210XT(合計10,180円)で音だしをしてみたが、チョーHiFi。まさにラインで聞いてる、ヘッドフォンで聞いているベースの音がそのままスピーカーからアウトされるような凄さ。低音のボリュームもLOW-Bまでたっぷり。これで1万円ちょいっていうのが凄い!

image-20120303221329.png

※実は先日、某ハードオフで、ネメシスの210(コンボアンプで、10インチ2発にツイーター)が1万で売っていたのだが、それを惜しくもスルーするという愚行を犯してしまった。どうやらそこから、ベースアンプにスイッチがはいったようだ。

PLEK ベース解析マシンを体験! [音楽機材]

image-20120226084142.png
前々から噂に聞いていたベース解析マシンこと「PLEK」のあるスリークエリートにいってきた。PLEKというのは冷蔵庫のような機械の名前。この機械は中に入れた弦楽器のネック状態、フレット状態をスキャンし、バズるポイントなどがPCの画面に表示されるスゴいマシン。そういう情報をもとに、必要ならフレットも削る(1/1000ミリですり合わせ可能)ことが出来る。要はPLEKで測定し、ロッド、弦高などの調整を(広瀬さんに)してもらい、再度PLEK、必要ならすり合わせというような工程。その過程が画面上の数値とグラフィックで確認出来る。またオンラインで繋がっており世界中のメーカーやリペアマンの理想的なセッティングに近づけることもできる。ギブソンやマーチンなど大手メーカーをはじめどんどん普及しているらしい。
今回は自分のベース、4本を持ち込んだ。その4本とは、

1.Warwick Thumb Bass NT
2.Spector SSD NS-2
3.Fender CustomShop Custom Classic 5st
4.HeartField DR-5C

それぞれの状態は

1.Warwick Thumb Bass NT
2012年の2月に手に入れたばかりのサムベース。自分なりに調整したがバズとの兼ね合いであまり弦高を下げることが出来ない。ここをみてもらいたかった。

2.Spector SSD NS-2
これも自分なりに調整できているつもりだったが2弦11フレットのバズは取れない。これも一回、ちゃんとした状態にしたかった。

3.Fender CustomShop Custom Classic 5st
しばらく弾かないでいたら、全体的にビビり気味。これもいい楽器なので一回ちゃんとみて貰いたかった。

4.HeartField DR-5C
こいつは長年放っておいたらハイフレットが浮いてる?高音域がかなりバズる状態に。なので調整して欲しかった。

で、それぞれをPLEKでスキャンしてもらったところ、

1.Warwick Thumb Bass NT
フレットは前のユーザーがすり合わせを行った形跡あり。でもあまりうまくやってないとのこと。ネックは良好。少し低音側が起きて、高音側が下がるという症状がでてるがひどくはない。なのでロッド調整→弦高調整→フレットすり合わせ。結果、かなり弦高が下がり楽にゴリゴリサウンドが出せるようになった!

2.Spector SSD NS-2
こいつはなんとフレットが浮いていた。しかも何箇所も。なのでロッド調整→弦高調整の後、一旦叩いてもらってスキャン、叩いて、少し接着剤を入れて再度スキャン、その後フレットすり合わせして再度スキャン、そして最終のすり合わせと、一番時間がかかった。が、やった甲斐あって非常に弾きやすくなった。ワンランク上の楽器になったよう!

3.Fender CustomShop Custom Classic 5st
これはスキャンして画面でみせてもらったところ、ネックの状態は悪くない。ロッドもきっちり効いてると。Fenderの楽器としてはあるべき姿だと。しかもフレットの高さも問題がないとのことで、ロッド調整→弦高調整のみ。これで抜群に良くなった。
※こりゃ自分の努力不足!でもネックの状態がいいと教えてもらえていい気分。

4.HeartField DR-5C
こいつは結果から言うとエリクサーの張力が強すぎて、ロッドも頑張っていたが、張力のせいで順反りになっていた。なので弦を外した状態をスキャンして読みが合っていることを確認した後、スリークエリートにあったケンスミスの弦(040,060,080,010,120)に変えてもらい、ロッド調整、弦高調整してもらってその後フレットすり合わせ。これは驚くほど良くなった!!低音がゴリンゴリン出るすごい弾きやすいベースに変貌。

image-20120226084233.png

<気づいた、驚いた点>
PLEKのいい所は全てが数値や画面で出るので適当や勘ではなく、いい状態を追い込める点。自分の楽器の状態を客観的に見れる。

驚くべき概念はネックはストレートがいいのではなく弦の振幅を考えるのなら順反りの方が均等に弦高を落とせるという概念。なんとフェンダーカスタムショップの高名なリペアマンもそうやって調整しているとのこと。

また、エリクサーのユーザーはまず、順反りの個体が多いとのこと。ネックにけっこう負担のようだ。エリクサーはやめようかな。スタインバーガーはまずやめよう。

試し弾きはTECAMPというメーカーのヘッドアンプとSCHROEDERというメーカーのキャビネットでやったんだけれども、、、音がいい!やっぱいいアンプ、キャビネットが重要と感じた次第。

自分の楽器のポテンシャルがちゃんと発揮されるという点でPLEKは素晴らしいです。
またやります。今度はUSAのジャズべかな。

新曲「ノコギリザメの憂鬱」完成! [オリジナル曲]

あけましておめでとうございます。今年もよろしくお願い致します。
IMG_0008.JPG
今年2012年一発目の楽曲のテーマは、「放射性物質による汚染を憂うノコギリザメ」です。普段は海のギャングでやりたい放題のノコギリザメでも放射性物質に汚染された小魚は食べたくありません。そこをサメの気持ちになって(?)歌ってみました。歌詞は下記の通りです。

<歌詞>
おれはノコギリザメ 自慢のノコギリで小魚を傷つけて食っちまう
そうさおれは海底のギャングさ 小魚に恐れられてる

原発事故のせいで 東北からやってくる小魚は皆汚染されてしまった
やけにエサを選ばなきゃいけない 食の安全返してくれ

〜シンセソロ〜

ノコギリザメだって苦労してるよ 食の安全返してくれ

音楽的にはボサノバテイストです。ストリングスも入れてゴージャスな感じです。ガットギターは前に父親からもらったOvationのLXをコンデンサーマイクで収音しました。他の音源はほぼLogic内蔵です。
で、ボサノバだって言っているのに強引にシンセソロも入れました。最初の方は、なんとiPadアプリのシンセKORG iMS-20をUSBのMS-20型コントローラーで弾いてます。この組み合わせだと、実際にツマミ(カットオフとかレゾナンスとか)がソフトとシンクロするので、楽しい限りです。
IMG_0759.jpg
ゴージャスな楽曲なのにさびしい歌詞と、、、非常に今の日本風かもしれません。ぜひ聴いてみてください。

<使用機材>
PC:MacBook Pro 17inch Core i7
DAW:Logic Pro 9.1.6
Audio Interface:M-AUDIO FW410
Mixer:Mackie CR1604VLZ
Vocal Microphone:Behringer B-2、Shure SM58
A.Guitar:Ovation LX(ナイロン弦)
Synth1:KORG iMS-20 なんとiPadアプリです
Synth2:KORG PROPHECY 2番目のシンセソロ
その他のウッドベース、ピアノ、オルガン、ストリングス、グロッケンなどはすべてロジック内蔵の音源です。


KORG アナログモノフォニックシンセサイザー MS-20 mini

KORG アナログモノフォニックシンセサイザー MS-20 mini

  • 出版社/メーカー: KORG
  • メディア: エレクトロニクス



nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

Kramer2本から1本組み上げ! [音楽機材]

先日ジャンクで680円で買ったKramerのボディとネック。で、先日まったく同じ時代のKramerでパーツ付きジャンクをヤフオクで落札。で組み上げたのが下の右っ側。
元々680円で買ったのはメイプル指板のネックにSSHザグリが入ったボディがついてたと。で今回はヤフオクで買ったほうのパーツを洗浄&部分的に移植したというわけ。
工程は約2時間。大晦日になにやってんだか。ま、楽しかったからいいか。

image-20111231151548.png

カラスに気をつけろ

2011年ももう暮れ。なんと、もう明日は大晦日じゃないですか。それはいいとして、.MacからSo-netへの移行作業を昨日終え、いよいよ新曲「カラスに気をつけろ」をアップです。
この曲は実は数年前にアイディアを思いついていたんですが、iPhoneのメモに入れただけで、放っておいたのですが、今回いよいよ曲として形になりました。歌詞は下記の通りです。

カラスはスパイだ 監視してるんだ 俺たちの情報 あさってる
カラスはロボットさ 鳥の姿で 電柱にとまって ネットに接続
ゴミから個人情報をゲット それはハッキングの基本
カラスは俺たちを 監視してるんだ 油断していると 尾行されてる

〜シンセソロ〜

カラスはスパイさ 監視してるんだ ガードを固めて カラスに気をつけろ

という内容で、まあSFですね。で、音楽的にはテクノ/エレクトロ路線です。今年の夏に買ったMacBook ProのCore i7/17インチで作った最初の曲です。
IMG_0746.JPG
で、最近前にも増してシンセサイザーが好きになっているのですが、本楽曲ではそんなハードウェアシンセも活躍しております。シンセスタンドは今、こんな感じ↓
IMG_0747.JPG

<使用機材>
PC:MacBook Pro 17inch Core i7
DAW:Logic Pro 9.1.6
Audio Interface:M-AUDIO FW410
Mixer:Mackie CR1604VLZ
Vocal Microphone:Shure SM58
Synth1:Roland SH-201 ベースと2回目のシンセソロ
Synth2:Doepfer DARKENERGY 1回目のシンセソロ
Synth3:KORG PROPHECY シンセソロのバックのベース
Synth4:Alesis Micron イントロのベース
Synth5:Yamaha DX-7 イントロのエレピ

という具合でハードシンセ大活躍です。もちろんロジック内のシンセも使用してます。実はまだまだ買ったけど使ってない楽器が多数あるので次も早めに着工予定。

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

次へ進もう!「MOVE ON」を作曲! [オリジナル曲]

なんと先週からもうすでに次の曲が完成しました。今作のテーマは「次へ進もう」です。人生において度々発生する「次のステップへと進みたいけど、、、」という局面を迎えている人(自分の場合は仕事関係)への応援ソングとも言えます。歌詞は下記のようになってます。

なぜかうまくいかないよ 努力してるつもりだよ
このへんで諦めよう 悩んでも仕方ないよ
MOVE ON ダメなら次へ進もう
MOVE ON 次はきっと上手くいくさ
現状維持はラクだけど それじゃ先が見えないよ
次へ行くのは辛いけど やらなきゃ次がない
MOVE ON 悩んでいる暇はない
MOVE ON 次はきっと上手くいくさ

音楽的には非常にシンプルです。先週アップした「ダメ人間4」はAメロでもサビでも転調があるなかなか面倒な曲でしたが、今回はLAメタル的というか、サビでコーラスがドカッと入っているかなりシンプルなハードロックです。

<使用機材>
PC:MacBook Pro(こういうシンプルな曲だと余裕)
DAW:Logic Pro 9.0.2
Audio Interface:M-AUDIO FW410
Mixer:Mackie CR1604VLZ
Vocal Microphone:Shure SM58
E.Guitar:Peavey Wolfgang メインのリフと最後のソロ
AMP:Peavey5150 Combo マイクはShure SM57をセンターちょいズラし、オンで狙いました。
E.Guitar:Charvel Sandimas POD XTでバッキング
BASS:Spector EURO NS-2+SansAmp ピック弾きでSansAmpBass Driverをかけて歪ませてます。
その他、またもやドラムはEZdrummer。あとはLOGIC内蔵のコンプ、ピッチコレクション、ディレイなどを多用。Bメロとサビはうすくシンセパッドが入ってます。Melodyneも使用。

ぜひ聞いてみてください!

2011/1/15に投稿
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

ダメ人間4を作曲! [オリジナル曲]

久しぶりの作曲です。2010年の5月以来!となかなかのスローペース。で、今回は原点(?)に立ち戻り、ダメ人間を作りました。ダメ人間は都合4作目となりました。自分のダメさを日々痛感している自分としては極めてナチュラルに曲が出来たと言えます。歌詞は下記の通りです。

俺はダメ人間の極みさ 成長がない
俺はダメ人間の代表 失敗ばかり
いつだってうまくいかない
失敗を重ねるだけ
ダメ人間 そう呼ばれてもめげることなくやってみよう
ダメ人間 そう思っても次の一歩を踏み出そう
ダメ人間 そう呼ばれても自分を信じて進めよう
ダメ人間 そう思っても次はきっと何かあるさ

で、音楽的にはエレクトロ?とロックの中間かなと。ロックと非ロックの楽器がじゃれあっている感じです。
また、右に書いてありますが、ダメ人間としての本領大発揮しておりまして異常な速度で機材を買っております。

<使用機材>
PC:MacBook Pro(そろそろ買い替えたい、、、)
DAW:Logic Pro 9.0.2
Audio Interface:M-AUDIO FW410
Mixer:Mackie CR1604VLZ
Vocal Microphone:Shure PG58(HOで800円)
Synthsizer:Roland SH-201
Drum Machine:KORG ELECTRIBE-R(アクセント的)
E.Guitar:Fender Mexico Startアルペジオとコード)
E.Guitar:Peavey Wolfgang ギターソロで使用
Guitar Amp:Peavey 5150 Combo ギターソロで使用
BASS:Spector EURO NS-2 最新ベース!
その他、シンセ、KB、ストリングスなどはLogicの音源です。エフェクターもほぼLogic付属ですが、バッキングのギターでGuitar Rig2、ボーカルにAutoTune、アルペジエイターにRemedy、メインのドラムにEZdrummerなどを使ってます。

ぜひ聞いてみてください!

2011/1/8に投稿
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

「虫歯の歌」を作曲 [オリジナル曲]

長らくほおっておいた虫歯を治療しました。歯に穴があいていたのを実感できるくらいほおっておいたのですが、どうもあまりにも痛くなってきた(ビールを飲むと歯に激痛が走った!)のでいざ治療。同僚の評判もいい会社の前にある歯医者さんに通う事、なんと14回。ようやく治りました。
虫歯はかなり奥まで進行していたようです。基本的に麻酔をするので痛くはないのですが、やはりあのドリルの違和感、なんど通ってもなかなか治らない、仕事が忙しくなってくると、かなり業務に支障も出てくる等ストレスも、、、
そんな思いを曲にしてみたのが本曲になります。まずは歌詞を

<歌詞>
歯医者さんのドリルが 無理矢理口の中に入ってくる
歯医者さんのドリルは いつまでたっても すきになれない

顎を通じて 頭に響く 麻酔しても 不愉快だ

虫歯を放っておくと直すのが大変
虫歯は勝手に治らない 面倒だ

虫歯を削り、歯に穴を開ける何度か通って治る

虫歯に注意しろ 時間がかかるよ
虫歯を出すなと 誓って歯磨き

楽曲としてはモダンなポップ。16beatでminor7thなどを多用して
おります。

<使用機材>
PC:MacBook Pro
DAW:Logic Pro 9
Audio Interface:M-AUDIO FW410
Mixer:Mackie CR1604VLZ
Vocal Microphone:Shure SM58
A.Guitar Microphone:Shure SM57
E.Guitar:Fender USA Start Plus(Backing)+MXR EVH PHASE+POD XT
POD XTではFenderのツインリバーブをエミュレート
E.Guitar:Charvel SanDimas(Solo)+AMT P1+POD XT
POD XTはキャビネットエミュレーションのみ。
A.Guitar:Fender KINGMAN SCE
BASS:Fender Custom Shop Custom Classic Jazz Bass
※ベースはTL AUDIOの真空管プリを通し、DBX166→
でかなりガッツリとコンプをかけてます。

ぜひ聞いてみてください。

2010/5/8に投稿
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

コレステロール過多につき自炊をスタート、、、 [オリジナル曲]

2010年、一発目の楽曲は「料理を再開」です。僕は
大学生の頃はお金が無くて自炊ばっかりしていたのですが、社会人になってお金もある程度使えるようになるとひたすら外食一辺倒となっていきました。前の江戸川区の家や、その前の大阪の家ではキッチンを使ったことすら無かったぐらい外食のみでした。
で、去年の暮れに生まれて初めて人間ドックというヤツに行ってきたところ、、、コレステロール値が高いと。高脂血症というヤツですな。で、これにちょっとビビって、今年はひたすら野菜多めの食事を自ら作っている、というわけです。新居のキッチンをフル活用してます。
昔では考えられないのですが、 実際、ピザ、マクドナルドは断っており、ラーメンも控えめにしてます。というそんなことを歌にしてみたというわけです。

<歌詞>
人間ドックはじめて行った 三十七歳の冬
健康診断を受けてこなかった 10年以上も

結果出て驚いた コレステロールが高い
このままだと 動脈硬化で 体によくない

こうなったのは 外食のせい
マクドナルド、ラーメン、ピザ
残念だけどお別れだ

外食を減らすには 自分でやらなきゃいけない
料理なんて 大学でてから まるでやってない

ソロ

簡単なのは、湯豆腐だな
ならば鶏肉、白菜も 一緒にポン酢で食おう

コレステロール 減らすには 自炊をするしかなーい
そうやってレシピをさがして 料理するしかない

という内容です。で、音楽的には聴いてお分かりの通り。ボサノバです。これまた去年の12月に実家から持ってきたアップライトピアノとオベーションのガットを使っているというわけです。

<使用機材>
PC:MacBook Pro
DAW:Logic Pro 9
Audio Interface:M-AUDIO FW410
Mixer:Mackie CR1604VLZ
Sub Mixer:Behringer MX802
Vocal Microphone:Shure PG58(オフで840円!)
Piano Microphone:Behringer C-2
Guitar:Ovation LX
Piano:Yamaha Upright

という感じです。ぜひ聴いてみてください。

2010/3/3に投稿
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

「引越し完了、新生活スタート」という曲を作りました [オリジナル曲]

引越し3部作はいよいよこの曲で終了。引越しを決意し、家をさがし、そして今回の引越し完了となるわけです。家を買って引越すという作業は本当に大変でした。僕の場合、蝉から逃げるためには8月までには引越しを完了させたかったと。蝉だけではなく、8月はフェスや来日が多くて仕事も忙しいのでそれまでに引越しをしたかったというわけです。家の契約をしたのが6月29日。引越しを実施したのが7月24日。その間に、住宅ローンの申し込みと審査、それに加え、家を登記してもらったり、引越し業者を手配したり、家を掃除したり、公共料金の変更をやったりと大忙し。車の登録(ナンバープレートも)も東京から神奈川に変えなきゃいけなかった。さらにはメインバンクも変更することになり、カード関係、ネット関係の変更もしました。と、まあ、そんなことを歌詞にしてみたというわけです。

<歌詞>
家が決まったらすぐに引越しをしたかったけれど
住宅ローン、審査をまったり、登記してもらったり
すぐに引越し出来ない 蝉はすぐそこにきてる
結局夏フェス前にやっとひっこし決行

引越し自体も大掛かりだった
段ボールが100個 引越し業者びっくり

引越し完了 新生活だな
引越し完了 不安もあるんだな

引越してすぐにゴミ集積所
うちの前に 来そうになった
近所同士で話し合って
うちの前には来なくなった

後2年すると地下に高速走る
不安はあるけれど、住まなきゃ分からない

引越し完了新生活だな
引越し完了手続きが面倒
引越し完了エアコンも買ったよ
引越し完了不安もあるんだな

で、楽曲的には今回は聴いてお分かりのとおり、ファンクです。それもかなり80年代を意識したファンクです。ドラムマシンのクラップやベースの音がそんな感じかなと。で、恒例の機材関係です。今回は、新機材盛り沢山です。

<使用機材>
MacBook Pro/Logic Pro メインPCと音楽ソフト、Snow LepardとLogic Pro9にまだアップしてないです、、、
M-AUDIO Firewire 410 オーディオインターフェースです
Mackie CR1604VLZ アナログミキサーです
SHURE SM58 ヴォーカルはこれのみ
dbx 166 定番コンプ!!
(NEW)SEQUENTIAL CIRCUITS TOM これが今回のビートの軸! スゴい厚い音でます。
LINE6 TONE PORT KB37 キーボードの打ち込みはこれを使用
ROLAND SH-201 イントロ〜Aメロ部分のモジュレーションのかかったシンセブラス
(NEW)KORG KAOSSPAD KP2 イントロ、アウトロの宇宙シンセサウンド
Fender JazzBass1978 今回はこれをバキバキ弾いてます
LINE6 LOWDOWN110 上記のFenderをこれに繋いで、その後DBXでさらにコンプ!
Fender Strat Plus Aメロ部分のフェイザーのかかったリズム
LINE6 POD XT 上記StratはこのPODを通してます
Fender Mexico Start これはギターソロで使用
(NEW)MXR PHASE90 EVH これはマイナーパートのアルペジオで使用
(NEW)FENDER DGL-1 これもマイナーパートで使用。下のディレイも含めこのパートなんとディレイ2台!
(NEW)BOSS DD-5 これもマイナーパートでリヴァースディレイ掛けてLRへと
NATIVE INSTRUMENTS GUITAR RIG2 これはギターソロでフィルターをかけ、ベースソロでも使用
他のシンセ音源、ヴォコーダーはすべてLOGICに内蔵のものです。

ぜひ聴いてみてください。

2009/11/23に投稿
nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。